寝室の天蓋(タープ)

寝室をもっとリラックスできる空間にしたい。



IMG_9772.jpg

天井の真四角な緊張感に、やわらかい曲線を持ち込みたくて

大きなシルクの布をピンでとめています。


 

 

黒犬

コメント大歓迎です
<br /><br /><br />にほんブログ村 花ブログ ベランダガーデンへ


10:37 | 大人の空間づくり | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

新しい試み 倶楽部会員さまのDIY 完結

いよいよ、ゆりあゆご夫妻のsagan DIY開始です。
僕は手順のガイドを努めるだけで、あえて一切お手伝いはしませんでした。

先ずはお二人で協力して、壁をメジャーで測量。
くり抜く壁のコンセントの位置もしっかり確認OK!

saganをカット

ご主人がカッターでsaganを裏側から慎重にカット
コンセント窓もぴったり見事にあきました。

貼り付け準備

二人で仲良く切り口をヒートコテで丸める作業。
なんか楽しそう、笑みがこぼれていますね。
(かわいいボクもお手伝い?!)



可動式saganアクセントウオールの左横にDIYの壁が完成
いやはやお見事!

観葉植物とsagan

観葉植物の鉢植えを置いて

ライトアップ

ほのかなライトアップが素敵だあ



下2枚のライトアップの写真と共に
ゆりあり様がコメントをくださったのでご紹介します。

sagan 大満足です!
今まで、一番嫌いだった我が家の場所が、
一番好きな場所になり、本当に満足しています。
ありがとうございました♪


いや~、照れるなあ(^^)ヨカッタヨカッタ 

 ・・・・・・完結



☆5回にわたる長い話にお付き合いくださり、ありがとうございました。

 

 

黒犬

コメント大歓迎です
<br /><br /><br />にほんブログ村 花ブログ ベランダガーデンへ


21:23 | sagan | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

新しい試み 倶楽部会員さまのDIY その4

前回、チョット寄り道してしまいました。
話を元に戻しましょう。

IMG_9895.jpg
シュガー・ピュアホワイト

saganのアクセントウォールを1boxカーに積んで、
ゆりあゆさんのお宅に伺いました。
日差しの明るいおうちには元気のよいお子さんの歓声がこだましてました。
子煩悩そうなご主人と気立てのよい奥さんにはぐくまれ、
とても理想的で幸せそうなご家族でした。


おかげ様で寸法の現場確認は20分ほどでバッチリすみ、ヤレヤレ、ほっと!

帰りぎわ僕がお二人に提案したのが、
アクセントウオールに直角に接するこの壁にもsaganを取り付けてみては
・・・ということでした。


DIYの対象部分


入り隅の状態にsaganを装着すると、立体感がまし無茶苦茶カッコいいのです。
saganのコーナーが出来ることで、
雰囲気が大人っぽく変わるので自信をもってオススメしました。
さらにその部分はご家族がD.I.Yで完成されては・・・と提案しました。


**********************

僕、常日頃ず~っと考えていたんです。
saganプロはオーダーに基づいて僕がハンドメイドで98%完成させて、
取付けだけを皆さんに短時間で済ましてもらっているけれど
『saganをもっと皆さんが気軽にD.I.Yで活用してもらえる様にできないものか?』

具体的には手のかかる塗装済みまでの90%完成の状態で、
D.I.Y素材として規格サイズのsaganをご提供して、
ご自宅で切ったり貼ったりの10%を楽しみながら完成していただこう。
さらにその分お値段もお求めやすくさせてもらったら、いいんじゃないかと(^^)

**********************


でも皆さん、素材としてのsaganをD.I.Yできるんやろうか?
誰かテストケースで一緒に取り組んでくれる人いないかな~と考えていた矢先でした。


ゆりあゆご夫妻のお返事は「私たちD.I.Y超初心者だけどやってみましょう!!」
おお、うれしいな~! では、僕がガイドをしますので一緒にやりましょう
と話がとんとん拍子に展開し始めたのでアリマス。


続く・・・・・



 

 

黒犬

コメント大歓迎です
<br /><br /><br />にほんブログ村 花ブログ ベランダガーデンへ





21:10 | sagan | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

G.Wはせめて自宅にも

今年のG.Wはsaganづくしの毎日でした。(嬉)
でも今日はマダムの誕生日。

僕はそっと過ぎ去るのを期待していましたが、
なるほど本人は良く覚えているものです。(汗)



なんぞプレゼントを期待している顔なので
それでは取りあえず、数ヶ月前から頼まれていた
自宅のインテリア壁にsaganを作りましょう。

IMG_9935.jpg

ゆりあゆさんのご用命の仕様と全く同じ
シュガー・ピュアホワイトR2仕様で
寸暇を紡いで作りました。

IMG_9951.jpg]

夜は間接照明で陰影を楽しむ予定。
先ずは応急の壁掛けパネルで様子を見ます。

IMG_9953.jpg

おおっ!予想以上にム~ドええやん

 

 

 

黒犬

コメント大歓迎です
<br /><br /><br />にほんブログ村 花ブログ ベランダガーデンへ


18:26 | 大人の空間づくり | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

新しい試み 倶楽部会員さまのDIY その3

ところで『新しい試みって、何?』

気になります、ふっふ(^^)
実はですね・・・あっ、その前に(今回はいやに溜めるなあ)

いえ、勿体つけてるんじゃないんです(汗)
順を追って話をしないとわかりづらいから、
まあまあ、立ち話もなんだからそこに腰掛けて、じっくり聞いておくんなさい。
「お~い誰か、こちらに珈琲をお持ちして」(笑)




ゆりあゆさんと幾度かの設計図の確認が終わり、いよいよsaganの製作に入りました。
可動式の壁のフレームを、強度を持たせながら軽量に作りました。
石が連続したようにする出角の処理もぼちぼち手馴れてまいりました。

IMG_9917.jpg

だまって話を聞いてくださっている貴女に、今回特別に裏面もご披露します。
saganプロの特徴であるアルミ版もバッチリ装着してますよ。
えっ、どんな効果があるのか良くわからない?
あっ、そう わかる人には痛いほどわかるんですけれどねえ



さて従来ならばこのあと、後半の塗装工程に一気に進むところなのですが・・・・
ここまでできた段階で、うまく収まるのか現場あわせしておきたくなりました。
幸い三重県四日市市は名古屋出張の中間点。

理由をお話しすると「そういうことなら、どうぞどうぞ」と快くご承諾くださり
このsagan可動壁の現物をかかえて、いざ出発!と相成りました。


続く・・・・

 

 

 

黒犬

コメント大歓迎です
<br /><br /><br />にほんブログ村 花ブログ ベランダガーデンへ


17:34 | sagan | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑