スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

なつかしい風景をつくる

いよいよ旧盆を迎え帰省される人も多い事でしょう
皆さんのふるさとはどんな所ですか?




都会に育った僕には田舎の風景の中に帰れるところがありません。


でもこの季節になると不思議と低学年の夏休みに
よく泊りに行った奈良の遠い親戚の旧家を思いだします。

ひんやりとした土間があって、田の字に部屋があり、
かまどがあって、小さな裏庭には蔵もあった。
お風呂は薪でたく五右衛門風呂で、湯に浮く木の板の使い方がわからなかった。

家の裏には小川が流れていて、水遊びにはもってこい
そうそう蛇が泳いできた時には肝をつぶすほどびっくりしたなあ。

日が暮れるとあたりは真っ暗で、竹之内街道の電柱の灯りが余計にさびしかった。
蚊帳をはった座敷から長い渡り廊下を行かなければ雪隠はなく
怖くて行き帰りはバタバタと駆け抜けていた。


今は代が替わり古い屋敷も立て替えられたことだろう
黒々とした太い梁や漆喰の壁もなくなっているのかなあ。



 
w12.gif


都会のマンション暮らしは快適だけど
古い建物のあの心地よいしっとり感がないのがつらい


IMG_3283.jpg


だからせめて玄関ポーチだけでも・・・・・
スタジオジブリの絵コンテの風景のように




黒犬
 コメント大歓迎です
<br /><br /><br />にほんブログ村 花ブログ ベランダガーデンへ
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

関連記事

15:30 | 大人の空間づくり | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
緑を楽しむ家 | top | シェードの季節になりました

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://verandagardener.blog97.fc2.com/tb.php/196-5228260a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。