一年越しで故人との約束をはたす

長野の善光寺で夜明けにあわせて行われている
お朝事(あさじ)に参拝したことありますか?

今回の信州旅行の目的の半分は、これに参拝して
年老いて亡くなった従業員の供養をすることでした。
身寄りの薄い人で、なぜか善光寺を信心しておりましたので、生前
「死んだら長野の善光寺まで行って、供養してあげる」と約束していました。



 
真っ暗な内陣のさらに奥の内内陣で供養のお経をあげてもらいました


前夜から500kmを6時間かけて走り
午前4時30分に供養の申し込みを済ませ
午前5時と5時20分にまずお数珠を頂戴してから
内陣で天台宗と浄土宗の読経を聞いた後
内内陣に案内され、やっと法要が営まれました。
終わってみたら6時半。

夜を徹して運転してきたから、眠い眠い。
でも忙しくて一年以上ずっと気がかりだった約束を果たせて
肩の荷がおりホッとしました。

*****************************

ただ、お数珠頂戴には驚きました。
貫主が本堂に来るのを、
何十人もが一列に石畳の上にひざまづいて待ち
頭に一度コツンとお数珠を当ててもらうそうですが・・・・・・

まあ、それが供養法要の一連の手順で
「故人の代わりに受けているんだ」とわが身に言い聞かせて
頭を下げてお数珠を受けるのですが・・・・・

残念ながら、
数珠の当て方がおざなりに感じられました。
牛に曳かれて善光寺



黒犬
コメント大歓迎です
<br /><br /><br />にほんブログ村 花ブログ ベランダガーデンへ
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト



関連記事

12:00 | ちょっとひと息 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
安曇野の夏 | top | グリーン・リッチ

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://verandagardener.blog97.fc2.com/tb.php/267-f569a5c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)